新機構排気バルブを搭載!

2ウェイ・バルブトロニック・エグゾーストシステム

2009年東京オートサロンにプロトタイプにて登場したこの
マフラーは、既に量産されている「L:exhaust」の進化形!


@ レクソンの実は定番構造…?

GS、ISなどに使用されている構造を分解。
レゾネーターチャンバー部を別途に設けバルブが
閉鎖時はレゾネーターとしてトルクと静穏に貢献。
バルブが開放されるとパワーを重視するデュアルマフラーへ
と変化する、2面性を備えたエグゾーストへと完成。


A 気になるバルブの開閉システムは実はシンプル!

元々機能として備わるインダクションポートの開閉機構と
同調し、吸気量を増加した分、排気効率を向上させる。
つまり、アクセル開度100%、エンジン回転数3800rpm超の
両条件を満たした時に、吸気ポートと排気バルブを同時に
開放させるという仕組みになります。


B レクサスIS-Fだけの構成部品の製作

このマフラーにおいての問題はIS-F専用フランジでした…
レクサスが本気でスポーツカーを企画したことの証ですね。

レクソンでは製品の品質や信頼性も当然。
レクソンの高品質を気軽にお求め頂ける様に弊社では
レクサス等の販売店でも装着が出来るようにと考え、
高価であるが専用金型を製作し、純正フランジとの
結合部の信頼性と安心、高品質を確保しました。

非常に地味な個所ですが、当たり前のことです。


弊社のマフラーに対する拘りは排気効率の「ストレート構造」
排気効率を優先させながら、音量は新規格音量内に、
コモリ音など、不快な音域を取り除いた仕上がりです。
















LEXUS IS-F

MODEL : 2008-2014

PRICE : Sold Out






【製品仕様・特徴】


・SUS304オールステンレス製
・70mm→60x2→50x2
・保安基準適合品